『おくのほそ道』+『松尾芭蕉の紀行文』CD-ROMセット
『おくのほそ道』+『松尾芭蕉の紀行文』CD-ROMセット

『おくのほそ道』+『松尾芭蕉の紀行文』CD-ROMセット

¥6,000 税込

送料についてはこちら

───────────────────── 現代語訳つき朗読 おくのほそ道 CD-ROM ───────────────────── 元禄ニ年… 四十六歳の松尾芭蕉は門人河合曾良と共に『奥の細道』の旅へ出発しました。深川の庵を出発し奥羽、北陸を経て美濃の大垣まで全行程約600里(2400キロメートル)、日数約150日間にわたる壮大な旅です。 それは西行、能因といった過去の文人たちの魂に触れる旅であり、ロマン溢れる歌枕の地を訪ねる旅でした。 『おくのほそ道』は、この旅の経験を元に五年の歳月を経て完成し、芭蕉の死後の元禄15年(1702年)刊行されました。 作品の発表からすでに300年以上たつにも関わらず、世代を越えて『おくのほそ道』は愛され、読み継がれています。 本CD-ROMは、松尾芭蕉の紀行文『おくのほそ道』全章の原文と現代語訳による朗読に、テキストpdfを加えたものです。 主に、芭蕉の足跡をたどって旅をしたい、という方のために作成しました。 わかりやすい現代語訳つきなので、 「学生の頃、古文は大のニガテだったのよねえ…」 という方でも、大丈夫です。 現代語の朗読を聴き、だいたいの内容を頭に入れてから原文の朗読を聴けば、無理なく内容が理解できるようになっています。 収録した音声は汎用性の高いmp3ファイルですので、スマートフォンなどに入れて、移動中に聴くこともできます。 また、テキスト(pdf形式)が付属しています。テキストは原文、現代語訳、詳細解説をふくみますので、「文字を見ながら聴きたい」「より詳しく学びたい」という方にもおすすめです。 これからの秋の行楽シーズン。 電車にゆられて、イヤホンを耳に挿して朗読を聴きながら、これから訪れる旅の景色にワクワクするのは、いかがでしょうか? ───────────────────── 松尾芭蕉 紀行文集 CD-ROM ───────────────────── 松尾芭蕉の紀行文『野ざらし紀行』『鹿島詣』『笈の小文』『更級紀行』そして近江滞在中のことを描いた『幻住庵記』、嵯峨の落柿舎の滞在記録『嵯峨日記』の、原文と、現代語訳、わかりやすい解説をセットにしたパソコン用CD-ROMです。 原文に続けて現代語訳を朗読しますので、古文に経験がなくても、聴いているだけで芭蕉の句の世界に引き込まれ、内容がわかるようになっています。 ───────────── 松尾芭蕉の代表作といえば、 ───────────── 誰もが『おくのほそ道』を挙げるでしょう。しかし、『おくのほそ道』以外の、『野ざらし紀行』や『笈の小文』『更級紀行』は、それほど知られていません。 「う~ん…『おくのほそ道』すらぜんぶ読んだことが無いのに、そこまでは、ちょっと」という方もあるかもしれません。 たしかに『笈の小文』や『野ざらし紀行』といった『おくのほそ道』先行作品は、『おくのほそ道』ほど有名ではなく、ほとんどちゃんと読んだことのある人もいない作品です。しかし、だからといって質が劣るということはありません。 むしろ、これら先行作品を読むことで、松尾芭蕉がどういう過程を経て『おくのほそ道』に到ったか?どんな試行錯誤の果てにあの『おくのほそ道』が生まれたか。その、芭蕉の思考の成長のプロセスを知る上で、『野ざらし紀行』や『笈の小文』はとても面白い作品です。 文章としては未整理で雑然としたところもあり、『おくのほそ道』ほど完成されてはいませんが、だからこそ、粗削りな、芭蕉の生の声が響いてくるのです。句の完成度では、むしろ『おくのほそ道』にまさっているとも言われています。 ───────────── 「そうはいっても古文は難しい」 ───────────── という方もあると思います。そこで、当方は楽しくわかりやすく古文を読み、聴いていただくためのWindows専用ソフトウェアを開発しました。 ●一般的なウェブサイトに近い操作感覚 このように、通常のウェブサイトのような画面上で、文字や図を表示しながら、同時に音声を聴いていただけます。 単なる朗読でなく、音声を再生すると同時に文章や地図が表示されますので、耳から聴くと同時に、目で見て、視覚と聴覚の両方で、内容が理解できるようになっています。 ようは、ふつうのウェブサイト(ホームページ)のようなものです。まさに、ウェブサイトです。 通常のウェブサイト(ホームページ)のように、リンクをたどって、一ページ一ページ再生することも可能ですし、「自動再生」モードで再生すれば、最初から順番に、まず最初の章の音声が再生されると同時に最初の章の文章が表示され、音声が終われば次の章の音声が始まり、同時に画面も切り替わる、といった具合です。 ●文章・図を同時表示→わかりやすい 特に今回、紀行文…ということで、旅の話ですので、今どこを芭蕉は歩いているのか?旅の道順を、地図で、視覚的に確認しながら聴くと、グッとイメージがつかみやすいはずです。 ようは、通常のウェブサイトのように、文章を表示し、図を表示し、それと同時に音声も鳴らしているわけです。 音声と画面に同時に文字が表示される。 ただ、それだけで、ずいぶんわかりやすいものです。操作方法も、極力、一般的なウェブサイトに近づけました(リンクは青、画面右側にスクロールバーなど…)。だから、ふだんインターネットをお使いになる方なら、特に説明書を読むまでもなく、感覚的に操作できるはずです。 ●「解説音声」と「朗読音声」の切り替えが出来ます 音声は「解説音声」と「朗読音声」を切り替えられるようになっています。「解説音声」は、ようするに、講義を聴いているような感じです。一章一章、まず本文を読んで、訳して、補足説明を加えていきます。 ●「朗読のみ」の再生も出来ます そして解説をはぶいた「朗読のみ」の音声にも切り替えられます。こちらは、ひたすら原文を朗読するモードです。解説はいらないという方。何度か解説を聴いて、内容はだいたいわかったという方は、こちらの「朗読のみ」音声でお楽しみください。 ●通常のテキストファイル、音声ファイルも付属します。 また、このソフトウェアとは別に通常のテキストファイル(html形式)と音声ファイル(mp3形式)もセットに含まれていますので、「普段使っている再生プレイヤーで聴きたい」「スマートフォンに移して聴きたい」という方は、こちらの音声ファイルをご利用ください。 (ただし、音声ファイルをスマートフォンに転送するにはパソコンとiTunesが必要です。パソコンがなくスマートフォン単体ではご利用になれませんのでご注意ください。iTunesはapple社が無料配布している音楽管理ソフトです。iTunesはアップルの公式サイトでダウンロードできます。) ───────────── 収録内容 ───────────── ●野ざらし紀行 『野ざらし紀行』は、松尾芭蕉が門人千里とともに生れ故郷伊賀上野を中心に旅をした、その道中を描いた紀行文です。 貞享元年(1684年)、芭蕉は千里ともに住み慣れた深川の庵を後に、東海道を一路、西に向かいます。 行き倒れになって、道端に髑髏をさらすことになるかもしれない……悲痛な覚悟で旅立った芭蕉と千里でしたが、伊勢を経て故郷伊賀上野へ。大和、美濃大垣、名古屋を経て伊賀上野で年を越し、翌貞享2年(1685年)京都、熱田を経て木曽路を通って江戸にもどってくるまで。年をまたいで半年以上にわたる長旅の中、涙あり、ほのぼのあり。悲喜こもごも入りまじる中、多くの名句が生まれることになりました。 ●鹿島詣 貞享4年(1687年)松尾芭蕉は「鹿島の山の月みんと」すみなれた深川の庵を出発。利根川を渡り鹿島根本寺を経て鹿島神宮に到ります。『野ざらし紀行』の旅の3年後、『おくのほそ道』の旅の2年前のことです。『鹿島詣』はこの道中を描いた紀行文です。 筑波山の雄大なたたずまい、利根川の流れ、そして荘厳な鹿島神宮…漢文調のリズムのいい文体と数々の名句が旅の風情を描き出します。 ●笈の小文 貞享4年(1687年)(『おくのほそ道』の旅の2年前)、芭蕉は深川を出発し、伊良湖崎、伊勢、故郷の伊賀上野を経て大和、吉野、須磨、明石へと旅をします。 『笈の小文』はこの旅のことを書いた紀行文です。芭蕉死後の宝永6年(1709年)に大津の門人河井乙州が『笈の小文』の書名で出版して世に知られました。 未完成と思われる部分も多く荒削りな作品ですが、どのような過程を経て芭蕉が『おくのほそ道』へ至ったかを知る上で興味深い作品です。 特に最終章「須磨」は源平の古戦場跡を見渡す芭蕉の興奮が活き活きと描き出され、衣をはためかす潮風までも伝わってきそうです。 ●更級紀行 貞享5年(1688)8月、松尾芭蕉は『笈の小文』の旅の帰路、門人越智越人を伴い、中仙道を通って更科姨捨山の月を見、善光寺詣でをしてから江戸に戻りました。『更級紀行』はその道中を描いた紀行文です。木曽路の山道を象徴するような緊張感の高い名句の数々。短いながら味わい深い作品です。 この翌年、芭蕉は生涯最大の『おくのほそ道』の旅へと向かうこととなります。 ●幻住庵記 元禄3年(1690)年、『おくのほそ道』の旅を終えた芭蕉は、大津義仲寺に滞在していましたが、同年7月、膳所藩主・菅沼曲水の招きで大津岩間山(いわまやま)山中の庵「幻住庵(げんじゅうあん)」を訪れ、四か月滞在しました。『幻住庵記』は、この幻住庵での生活を描いた作品です。『おくのほそ道』の長い旅を終えた後であり、張り詰めた緊張が解けて、ゆったり落ち着いた感じが出ています。琵琶湖から吹くさわやかな風が感じられる作品です。 ●嵯峨日記 元禄4年(1691年)初夏。芭蕉は京都嵯峨にある門人・向井去来の別荘「落柿舎」に17日間滞在しました。その時の記録が『嵯峨日記』です。嵐山の緑。大井川の流れ…嵯峨野の美しい景色が目に浮かびます。そして毎日のように遊びに来る門人たちとの、のんびりした交流のさま。『野ざらし紀行』や『おくのほそ道』の張り詰めた緊張感とは対極にある、ゆったり落ち着いた芭蕉の日常が、ほほえましいです。 ───────────── 動作環境 ───────────── Windows VISTA/7/8/8.1/10 32ビット/64ビット パソコン 要CD/DVDドライブ