松尾芭蕉 紀行文集
56dbd058ef33774f4200d8d5 56dbd058ef33774f4200d8d5 56dbd058ef33774f4200d8d5

松尾芭蕉 紀行文集

¥3,000 税込

送料についてはこちら

───────────────────── 松尾芭蕉 紀行文集 CD-ROM ───────────────────── 松尾芭蕉の紀行文『野ざらし紀行』『鹿島詣』『笈の小文』『更級紀行』そして近江滞在中のことを描いた『幻住庵記』、嵯峨の落柿舎の滞在記録『嵯峨日記』の、原文と、現代語訳、わかりやすい解説をセットにしたパソコン用CD-ROMです。 原文に続けて現代語訳を朗読しますので、古文に経験がなくても、聴いているだけで芭蕉の句の世界に引き込まれ、内容がわかるようになっています。 ───────────── 収録内容 ───────────── ●野ざらし紀行 『野ざらし紀行』は、松尾芭蕉が門人千里とともに生れ故郷伊賀上野を中心に旅をした、その道中を描いた紀行文です。 貞享元年(1684年)、芭蕉は千里ともに住み慣れた深川の庵を後に、東海道を一路、西に向かいます。 行き倒れになって、道端に髑髏をさらすことになるかもしれない……悲痛な覚悟で旅立った芭蕉と千里でしたが、伊勢を経て故郷伊賀上野へ。大和、美濃大垣、名古屋を経て伊賀上野で年を越し、翌貞享2年(1685年)京都、熱田を経て木曽路を通って江戸にもどってくるまで。年をまたいで半年以上にわたる長旅の中、涙あり、ほのぼのあり。悲喜こもごも入りまじる中、多くの名句が生まれることになりました。 ●鹿島詣 貞享4年(1687年)松尾芭蕉は「鹿島の山の月みんと」すみなれた深川の庵を出発。利根川を渡り鹿島根本寺を経て鹿島神宮に到ります。『野ざらし紀行』の旅の3年後、『おくのほそ道』の旅の2年前のことです。『鹿島詣』はこの道中を描いた紀行文です。 筑波山の雄大なたたずまい、利根川の流れ、そして荘厳な鹿島神宮…漢文調のリズムのいい文体と数々の名句が旅の風情を描き出します。 ●笈の小文 貞享4年(1687年)(『おくのほそ道』の旅の2年前)、芭蕉は深川を出発し、伊良湖崎、伊勢、故郷の伊賀上野を経て大和、吉野、須磨、明石へと旅をします。 『笈の小文』はこの旅のことを書いた紀行文です。芭蕉死後の宝永6年(1709年)に大津の門人河井乙州が『笈の小文』の書名で出版して世に知られました。 未完成と思われる部分も多く荒削りな作品ですが、どのような過程を経て芭蕉が『おくのほそ道』へ至ったかを知る上で興味深い作品です。 特に最終章「須磨」は源平の古戦場跡を見渡す芭蕉の興奮が活き活きと描き出され、衣をはためかす潮風までも伝わってきそうです。 ●更級紀行 貞享5年(1688)8月、松尾芭蕉は『笈の小文』の旅の帰路、門人越智越人を伴い、中仙道を通って更科姨捨山の月を見、善光寺詣でをしてから江戸に戻りました。『更級紀行』はその道中を描いた紀行文です。木曽路の山道を象徴するような緊張感の高い名句の数々。短いながら味わい深い作品です。 この翌年、芭蕉は生涯最大の『おくのほそ道』の旅へと向かうこととなります。 ●幻住庵記 元禄3年(1690)年、『おくのほそ道』の旅を終えた芭蕉は、大津義仲寺に滞在していましたが、同年7月、膳所藩主・菅沼曲水の招きで大津岩間山(いわまやま)山中の庵「幻住庵(げんじゅうあん)」を訪れ、四か月滞在しました。『幻住庵記』は、この幻住庵での生活を描いた作品です。『おくのほそ道』の長い旅を終えた後であり、張り詰めた緊張が解けて、ゆったり落ち着いた感じが出ています。琵琶湖から吹くさわやかな風が感じられる作品です。 ●嵯峨日記 元禄4年(1691年)初夏。芭蕉は京都嵯峨にある門人・向井去来の別荘「落柿舎」に17日間滞在しました。その時の記録が『嵯峨日記』です。嵐山の緑。大井川の流れ…嵯峨野の美しい景色が目に浮かびます。そして毎日のように遊びに来る門人たちとの、のんびりした交流のさま。『野ざらし紀行』や『おくのほそ道』の張り詰めた緊張感とは対極にある、ゆったり落ち着いた芭蕉の日常が、ほほえましいです。 ───────────── 注意 ───────────── ※メディアはパソコン用CD-ROMです。音楽用CDプレイヤー・映像用DVDプレイヤーでは再生できませんので、くれぐれもご注意ください。